キッチングッズあれこれ

ideacoのTUBELOR(チューブラー)で、梅雨の生ゴミ&猫対策

梅雨なのにけっこう晴れ間があるよねえーという感じですが、入梅前にいちおう生ゴミ対策をしていたのでブログに載せますね。毎度長いですがお付き合いください。

今までの生ゴミ処理は…

今の家に入居して1年、ゴミ箱は各階に1つずつという運用にしておりまして、リビング&水回りのある階は洗面所に大きなゴミ箱をドンッと置いて、そこにどんどこ投げ込むシステムにしていたんです。

シンクには三角コーナーを置かず、生ゴミが出る都度チラシにくるんでポリ袋に入れ口をしばり、洗面所のゴミ箱に捨てていました。
(例外として肉・魚・果物の皮はチラシにくるんで袋にイン→ゴミの日まで冷凍庫でお休みしてもらっています)(もちろん庫内の食材を置くスペースからは隔離してますよ)

この方式だと袋の消費が激しいのと、4月に猫が家にやってきたこともあり、猫がゴミ箱をあさったらどうしようねえ…みたいな心配がありまして、生ゴミ専用の、ガード力の高いゴミ箱を買うことにしたのでした。

いろいろと探した結果、ideaco(イデアコ)のTUBELOR(チューブラー)というフタ付きゴミ箱に決定。

check!ideaco(イデアコ) ミディアムフラップ フタ付ゴミ箱

TUBELOR(チューブラー)の使い方

TUBELOR(チューブラー)は二層式のゴミ箱です。茶色い箱に白い箱をかぶせるので、見た目は真っ白。
カラーバリエーションはグレー、ブラック、ライトブルーなどあるようです。汚れが目立たなくていいのはブラックだなあ。

ふたつの箱を重ねたところ。左右にツメがあり、しっかりと内箱をホールドします。持ち上げたときに外箱だけついてくる!ということがなくて安定。
手前にはラッチがあり、これがフタの出っ張りと噛み合うことで、フタがしっかり閉まります。

ふたにパッキンがついているので、フタを閉めると密封に近い状態になるんです。

剥がしてしまいましたが、押す場所がわかりやすいシールがついていました

フタを閉めるとどうなるか。
生ゴミのいやな臭いが、外に漏れにくくなるんです。
ゴミ回収日までの数日が快適になる!嬉しい!

内箱に袋を重ねて使えば、ゴミ出しのときもらっくらく。

このゴミ箱をキッチンの足元に置いて1ヶ月運用した結果、感じたことをまとめると…

TUBELOR(チューブラー)の良いところ

1.ゴミ袋の減りが遅くなった

今までの「その都度袋に入れる」方式に比べれば、袋の減りは遅くなりました。
レジ袋有料化の波が激しい昨今、袋のストックを気にしなくてもよくなるのはありがたい〜。

2.臭いもれがほんとにない!

ちょっとは臭うんじゃないの〜?とか思っていましたが全然でした。臭いに敏感な猫も素通り。
フタを開けて袋を取り出したときに「おお、この臭いがカットされてたのね…」と実感します。

夏場は念のため…ということで、ゴミを入れる時に重曹もふりかけておくようにしています。
さらに念を入れるなら、こういうニオイとり紙をちぎって入れといてもいいのかも。

参考脱臭炭 ニオイとり紙 脱臭剤

3.見た目も大変よい

パッと見、ゴミ箱ぽくなくてよいですね。
私は床置きしてますが、キッチンの作業台に置いてもよさそうなデザイン。

4.部品が追加購入できる

一部のレビューで「ラッチの部品が壊れやすい」とあったんですよね。確かに小さな部品だし、力がかかりますもんね。
ここが壊れてゴミ箱そのものがおじゃんになったら嫌だなあと思っていたら、公式サイトで部品のみ購入・交換ができるようです。これなら安心。壊れないのが一番なのはもちろんです。

TUBELOR(チューブラー)の気になるところ

1.攻撃力の強すぎるゴミ(※)は入れにくいなぁ

(※)肉、魚、果物の皮
入れてもいいんでしょうし臭いはカットされますけどね、夏場はゴミ回収日の朝に袋を取り出して「ウッ!」となりそうな気がするんです。臭いはカットされてるだけで、ゴミそのものが無臭になるわけじゃないので。
このへんは引き続き冷凍庫保存が無難です。

2.もう少し大きなサイズでもよかったなぁ

これは私の見積もりの甘さゆえ。もうちょっと大きくてもよかった…。
ちなみに私が買った3リットルサイズより大きい、8リットルサイズの「キッチン」もあります。

しかしこのサイズだと、我が家のキッチンで存在感が大きすぎるような…3リットルで正解だったかなあ…。もにゃもにゃと考えています。

トータルで見ると「買ってよかった」

レジ袋、頑張れば3枚くらい重ねがけできます

気になるところもありつつ、トータルで見ると「買ってよかった」です。
今までゴミをちょこちょこ洗面所に捨てに行っていた時間も短縮されて嬉しい。
猫もゴミをイタズラすることもなく、キッチンの平穏が保たれています。

これからの季節にどうなるか…というのはありますが、攻撃力激強のゴミを入れなきゃ大丈夫なんじゃないかなあ。
これは基本的なことですが、ゴミの水分はきっちり切ってから入れると安心ですね。麦茶のティーバッグとか特にね。

生ゴミの臭いに悩んでいる方や、オムツ用のゴミ箱を探しているプレママさんにもおすすめできるゴミ箱です。オムツには8リットルサイズを推しておきましょう…!

★ブログランキング参加中です(何卒)

にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です