子どものお弁当

今日はこれだけ、の子ども弁当

きのうの美容院では少々はっちゃけてしまいまして、インナーカラーをリクエストして耳の後ろの毛を明るくしてもらいました。夏にうかれて髪型で冒険するって高校生かって感じですが、仕上がりは超お気に入りです。いろんなとこにお出かけしたくなっちゃった!

さて今回は珍しく、子どものお弁当だけ必要だった日の記録です。いつもは親ふたりの分も作りますが、私もイチもそれぞれ外食予定があったのでこうなりました。こういうパターンもあるのねえ。

子ども弁当のメニュー

さばフレークご飯のおにぎり
カニカマ入り卵焼き
ポテトサラダ
プチトマト
ぶどう

まだお弁当箱がちょっと大きく感じるもので、フルーツを入れておかずの量を調整してます。
唐揚げかなにか、お肉を入れてあげようかと思ったのですが、ご飯にさばのフレークが混ぜ込んであるので、たんぱく質はそれと卵焼きでよしとしました。

ご飯を俵型にするおむすびメーカーはスーパーの処分ワゴンから最近救出しました。そんなにぎっちりとご飯を入れておらず、手で持つとポロポロくずれるのでスプーンで食べてと伝えています。

このアイテム、お弁当づくりにはもちろん、おやつを食べたりないとぐずる4歳児の対処にも有効です。ふりかけごはんとこれを渡すと、嬉々としておにぎりを作りはじめるのでお菓子の食べ過ぎ防止になるという。

私も子ども時代に、炊飯器の残りご飯でひとりお茶漬けパーティーを開催した記憶があるので、ご飯好きは遺伝ですね。


参考トルネ ひとくちおむすびメーカー 俵・三角

★ブログランキング参加中です(何卒)

にほんブログ村 料理ブログ わっぱ・曲げわっぱ弁当へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です